kokoのあしあと

Life is carnival. 本気で痩せようと決めた10月。ダイエット記録。時々お出かけ、時々美容。

PCR検査に行ってきました。

 

全国各地、世界各国で

引き続き猛威を奮う

コロナ

 

ワクチン接種も始まりましたが

まだまだ

平常通りの日常には戻れそうにないですね。

 

 

 

私もついにPCR検査に行くことになりました。

今日はその時のお話をシェアしたいと思います。

 

検査の流れはいかに?

 

まず保健所に電話が良いようです。

ネットで県内保健所と検索すると

ヒットします。

 

県の保健所のHPにて、

平日日中、夜間窓口など

連絡先が書いてあるので、

そちらに連絡をします。

 

保健所の対応は

休日含め24時間体制のようです。

本当にお疲れ様でございます。

 

 

 

保健所で検査の対応ができるのは

◇症状があり医療機関を受診後、医師の指示で

 検査を受ける必要がある人。

◇濃厚接触者と保健所が判断し、要請を受けた人。

 

それ以外は、

◇症状がある場合は、医療機関を受診し

 医師の指示を仰ぐ必要がある。

◇症状はないけど検査したい場合は、

 自費で検査できる医療機関へ問い合わせる。

 

自費で検査をするパターン

 

私は、自費で検査をするパターンでしたので

厚生労働省のHPから

検査できる医療機関を調べ

直接医療機関へ連絡し、

予約をしました。 

 

 

 検査当日の流れ

 

到着したら外から電話をします。

予約時に連絡先や氏名等聞かれますので

スムーズに対応していただけます。

 

看護師が一人、問診にやってきます。

「どういう経緯で検査を受けに来たか?」

を聞かれました。

 

 

f:id:happyfunnylovely:20210501132111p:image

 

 その後、

検査方法を紹介されます。

①インフルエンザの検査のときと同様、鼻から調べる方法

②唾液を採取する方法

 

①は痛いけど早い、②は初体験でわからない(笑)

 

「痛いの嫌だよねぇ・・・」と上手に促してもらえて(笑)

②の初体験の方法になりました。

 

 いったん、看護師さんは院内に入って

検査の準備をし、戻ってきました。

 

そしてこのようなものを渡され、

 

 f:id:happyfunnylovely:20210501132125j:image

 

「一番下のメモリより多めに唾液を入れてください。」

といわれます。

 

 私の場合は、やらねば!と思ったらなぜか

あふれるばかりに唾液が出ました(恥

 

もし逆に緊張して喉カラッカラになった場合

スマホでレモンを見たら出ないかな・・・←

 

 

 

5分後、看護師さんが回収しに戻ってきました。

そして

「検査の結果は翌日、電話にて」と言われ

次はお会計の準備でまた、看護師さんが戻ります。

 

 

結果を書面にしてほしい場合、

別途書類作成お金がかかるそうです。

後から請求も可能とのこと。

 

今回、領収書だけもらうことにしました。

自費での検査代は22,000円也。

 

田・・たっか・・・(;'∀')

 

 

まとめ

 

PCR検査ができる医療機関は意外と多いです。

 

保健所で対応できるケースと、

医療機関で対応するケース

大きくわけて二つあることも知れました。

 

 私が参考にしたHPはこちらです。

 

www.mhlw.go.jp

 

 

 

どんな経緯であれ、検査を受けるとなった場合

パニックにならないでも大丈夫です。

 

保健所は24時間体制で対応してくれていますので

夜間でも早朝でも休日でも、まず電話して話すと

本当に親切に話を聞いてくれ、情報を頂けます。

 

不安はそちらで話すことで解消し、どうすべきか

冷静に判断しましょう。

 

また、

自費での検査に対応できる医療機関

予想以上に多いです。

予約制にはなりますが、最寄りの医療機関に連絡しても

とても落ち着いた感じで対応してもらえました。

 

検査を受けようか迷っている方の

参考になったら嬉しいです。