kokoのあしあと

Life is carnival. 本気で痩せようと決めた10月。ダイエット記録。時々お出かけ、時々美容。

私の子宮筋腫体験記録~手術・入院の詳細説明を聞いた日~

※過去記事をアレンジしてお届けしています。※ 

 

外科部長と手術の詳細確認

外科部長から

  • 注意事項や全身麻酔について
  • 病気自体の説明
  • 入院中の治療等施される事柄
  • 手術の内容など

 

一連の説明を聞いたあと、

複数枚の手術内容に関する書類をあずかる。

 

入院生活についての説明へ

場所を移動して入院説明の窓口へ。

 

麻酔科の先生と、看護師さんから

  • 入院のスケジュールや色々(あまりわかっていない)
  • 次、薬剤師との面談。
  • アレルギーや、薬などの説明等
  • 今持っているアレルギーの事

などの確認。 

 

お金のお話へ

最後に

事務的なお話がありました。

 

手術・入院にあたっては

治療費が何十万円にもなります。

 

高額医療限度額制度と

傷病手当金を利用することにしました。

 

私は派遣社員ですので、

はけんぽへ直接連絡しました。

 

手術が一週間後に迫っていたのですが、

「どちらもすぐに対応します!」と

快く対応してくださいました。

 

手術をする可能性があるうちに

このあたりの事を確認しておくと

色々スムーズに対応してもらえて

安心かなと思います。

 

他、入院中に用意するものの確認し、

入院中の看護師さんの業務内容等を

教えていただきました。

 

準備したもの

病院によってはパジャマの指定など

細かいことがあるところもあるようですが、 

私がお世話になる病院は、細かい指定はありませんでした。

 

自宅で使ってるものでいいですとのこと。

 

楽なほうがいいと思い

前ボタンの上下セットを一着準備。

 フワフワした生地の上下セットを一着で

合計二枚購入してきました。

 

お腹の傷に

障らないように

Lサイズ!

 

指定されたものは、

・洗面用具(石鹸・シャンプー・リンス・歯ブラシ・洗面器)

 これらは自宅使っているものを持参することに。

・タオル類

・スリッパ、靴

(院内用に母がつっかけのようなサンダルを貸してくれました)

・化粧品類(試供品などをかき集めて化粧水・クリーム・

 ソンバーユ・ワセリン・ケナップのオイルなどを用意)

・下着、着替え

 

下着はネット情報から、

大きな

おばちゃんパンツ

がいいとのことでしたので

おへそもすっぽり隠れる!パンツで、

傷口にあたっても

優しい柔らかい素材のものを

合計6枚購入しました。

 

入院経験がある友人に聞いたところ、

部屋ぎはあったほうがいいよ」とのこと。

Tシャツ4枚とスエットパンツを2枚用意しました。

 

 下着もあるべきかと思い、

ユニクロのブラトップタンクを3枚用意。

靴下も7枚ほど用意。

 

ネット情報から買い足したもの

百均にて、S字フック4つ入りSサイズ

フセンメモ、マスク5枚入りx2、

ストロー、蓋つきのマグカップ

無印にて延長コードセット

(入院病棟はwifi完備のため

 スマフォもアイパッドも持参予定)

 

 

 経験者の話が一番使える情報 

色々心配して準備過剰にしてしまいそうだけど

病院が指定してくるものさえあれば

問題ないとのことでした。

 

回復過程は個人差もありますので、

それに応じて不便があれば

看護師さんに相談もできるでしょうし、

後から家族にもってきてもらうことも

可能かなと思います。

 

解放されるよりただ怖い

 術後の経過も怖いです。

 

傷みや気持ち悪さなど

自分の場合はどうなるんだろう?と

尽きない不安で一杯です。

 

職場のご厚意もありますが、

一応復帰の目途は4週間後と設定していただきました。

万全でなさそうであれば先生と相談の上、

復帰の目途を付けようと思っています。

 

f:id:happyfunnylovely:20201228224640j:plain