kokoのあしあと

Life is carnival. 本気で痩せようと決めた10月。ダイエット記録。時々お出かけ、時々美容。

子宮筋腫体験記録~術後療養生活編~ドキドキの3か月検診

※過去の記事を書き直して再投稿しています

 

やっと三か月検診!

 

結果は良好でした。

 

3か月は一つの節目だそうで、

傷口は完全に皮膚がつながってて、

子宮も血栓とかカサブタのようなものも

大体きれいになくなる頃とのこと。

 

もうジムに行ってもいいし、

好きなように過ごしてOKといわれました。

 

 

ホッ

 

 

 

 時短で職場復帰したものの

 

2か月の療養期間後、

時短で仕事復帰しましたが、

いまだに時短のまま過ごしています。

 

復帰したばかりのころはたったの数時間が

非常にしんどくて・・・

「体力がないというのは、こういうことか!」

と実感し凹んだのを覚えています。

 

今、二か月経過しようとしていますが、

ずいぶん楽に仕事はできるようになり、

体力も気力も戻っているなと実感できています。

 

 

でも、

 

まだやっぱり時々のお昼寝の時間は必要だし、

午後にひと眠りしても、

10時過ぎたらグッタリして

今にも寝そうな状態なので、

まだまだ体力全開とまでは至りません。

  

先生にも相談をしたのですが、

大量輸血のせいかもしれないとのこと。

 回復過程は個人差があると

頭でわかっているんだけど

不安ですねぇ・・・

 

今日は診察後、

輸血した人は必ずしなくちゃいけない

採血検査もありました。

 

肝炎とかHIVとか感染症の検査です。

 

結果はまた次の3か月後となりました。

 

 徐々に行動広げてます

最近は少しずつ予定を入れて

出かけるようにしています。

お昼寝の時間もちょっと我慢し、

その分夜早めに寝るようになりました。

 

そして、

手術前からずっと相談に乗ってもらい、

励まし続けてくれている友人から

先日LINEが来ました。

 

「大好きな(私のこと)、本当に大事な人だし、

大好きだから、少しずつでも今こうして仕事し始めて、

出かけられるようになって、一つ一つがすっごく

大きな一歩なんだってこと忘れないでね。

今うまくいかないなとか、できたことができないって

落ち込むこともあるかもしれないけど、大丈夫だから。

絶対絶対、自分のことは一番大事にしてあげてほしい!」

 

そんな内容でした。

 

周りと比較してしまうと

多少の差みたいなものは感じます。

 

過去の自分と比較しても、

前はこうだったという感覚が自然と残っていて、

それをしようと思うけど怖くてできなかったり、

今はやめておこうかと思ったり、

やってみたけど後でしんどかったり・・。

 

幸い大した病気ではないにしても

手術を経験し、術後から今に至るまで

その一つ一つがすべて新鮮で、

興味深い経験をしたなぁって思います。

  

サポートしてくれている家族にも感謝、

あったかく見守ってくれている

友人たちにも感謝。

 

そして病気が分かってから今まで、

私に関わってくださったすべての

病院関係者の方々のおかげで

今こうして笑顔で

暮らせているなぁって実感します。

 

今日、病院に久しぶりにいったとき、

入院に来た日のことを思い出し

少し胸が熱くなりました。

  

家族同伴で来て、

手続きを済ませたあの日のこと。

 

術後から退院までの私を思い出してみると、

ヒヨコみたいにヨチヨチ歩いて

「痛いな痛いな」

と何するにも大変だった当時を思い出すと

三か月でここまで来た!って自信が持てた気がします。

 

 

 

f:id:happyfunnylovely:20180219172017j:image