kokoのあしあと

Life is carnival. 本気で痩せようと決めた10月。ダイエット記録。時々お出かけ、時々美容。

子宮筋腫体験記録~術後療養生活~1か月検診のお話

※過去記事をアレンジしてお届けしています。※ 

 

1か月検診

 採血に行ってから、診察へ。

 

結果、

貧血は改善。とっても良好! 

 

 主治医からのアドバイス

 

お腹の傷も線につながって、

保護してたテープも取れました。

 

  

お風呂にはつかってもOK

保湿クリームとかはささっと塗布してもOK

ただ、ひっぱったりのばしたりすると

傷口がケロイドになるかもしれないので

あまり触らないようにとのこと。

 

体洗う時もお腹はまだ泡で優しく洗うくらい

しておいたほうがいいとのことでした。

 

職場復帰のこと

 仕事復帰はOKと言われました。

最低限の1か月は経過してるから、

当然か。

 

傷口はまだ完治途中なので

重たいものを持つのは避けたほうがいいけど

少しずつ体は動かしたほうが

治りも早いみたいです

  

ただね、一度出勤してしまうと

本人にしかわからない、しんどさとかあるけど

つい仕事だから責任もってやろうとするあまり

弱った体に鞭うっちゃうこともあるそうで・・

 

だいぶ後になってから、体調を崩して

入院・・なんてこともあるそうです。 

  

 派遣会社と派遣先企業とよく話し合って

一番安心できる状態を作ろうと思いました。

 

 輸血不要のはずが、大量輸血したレアケース

 通常、輸血なんてしなくていいような手術なのに

大量出血をして命を落としかけました。

 

後日色々ぐぐってみたら

輸血ってすごい体に負担かかるんですね。

 

そして

著しく免疫力も落ちるらしい。

 

 中には

なかなか疲れやすさや

だるさが抜けずに日常生活に

戻れないでいるという悩みを

抱える人もいるほどです。

  

その他、

病気になりやすいとか臓器が弱るとか、

いろいろな情報がネットにはありましたが、

将来のことを今不安に思っても仕方がない。

  

最善を尽くした結果、

こうして順調に回復している私がいます。

 

 

予定通りじゃなくても大丈夫 

定期的な検診で医者にかかれて

順調かどうか、心配なことも相談できるから

 

 予定通りじゃないケースがあっても

順調に回復できているので

安心できます。

 

 

大量出血で一時的に体中が酸欠状態に

陥ったせいで、呼吸困難がえげつない。

呼吸がうまくできず、苦しくて。

背中が痛くて、痛くて。

 

それもあちこち探したネット情報には

載っていない。

でも、今だけだって何となく知ってるから

頑張れる。

 

手術は怪我と同じだから

(医者が言ってました。) 

 

 

f:id:happyfunnylovely:20200711151913j:plain