kokoのあしあと

Life is carnival. 本気で痩せようと決めた10月。ダイエット記録。時々お出かけ、時々美容。

僕らは奇跡でできている! 心に刺さりまくるドラマ

 

 最近ずっとお昼休憩中に

ドラマをスマホで見ています。

 

HuluとAmazon primeに加入していて

どちらもスマホにアプリを入れて

あらかじめダウンロードしておくと

外で見れるのです。

 

 

 

 

 最近、ずっと見てるドラマ

 

僕らは奇跡でできている

 

 

オンエアされていた当時と今の自分との状況にも

変化があるから、今の私だから気づくことや

刺さることがあるなぁって思います。

 

 

あらすじ

 

幼い頃から周囲となじめず、生き物のフシギに夢中な主人公・相河一輝(高橋一生)は、動物行動学を教える大学講師。祖父(田中泯)のもとで育ち、今は住み込み家政婦の山田(戸田恵子)と暮らしている。半年前、恩師の鮫島教授(小林薫)の引き合いで大学講師になったが、人の話を聞かず失言したり、職場のルールを守れず、同僚の樫野木(要潤)や沼袋(児嶋一哉)から変わり者扱いされ、新庄(西畑大吾)や琴音(矢作穂香)ら学生らも、一輝の一風変わった授業に戸惑わされている。しかし、そんなことも本人はどこ吹く風。ある日、歯の痛みが我慢できなくなった一輝は、鮫島の紹介で美人エリート歯科医・水本育実(榮倉奈々)と出会う。はじめは一輝のマイペースぶりにつきあっていた育実も、だんだんイラ立ちを隠せなくなり、ついに「常識っていうものがないんですか?」と大激怒!しかし、一方で、一輝のある発言が、育実の心をどうしようもなくざわつかせて…!?実は、見た目のイメージと違い、育実は生真面目で頑張り屋ゆえに仕事もプライベートもなぜか上手くいかない“こじらせ女子”だった――。 

※公式HPより 

 

一輝は私の謎

 

一輝は、自分の没頭できることで輝いていて

マイペースがゆえに、失言するし、

協調性もないように見えるんだけど

決して周りを傷つけたりしない。

怒ったりもしない。

つっけんどんでもない。

 

周りの人たちからすると、

もっと周りの事考えてよ!って

イライラしちゃうんだけど。

何かあっても必要なこと以外は言わないし、

言い訳もしないし

嫌なら逃げちゃえるし(笑)

 

冗談も言えるし、誘いにも乗るし、

決してコミュ障じゃないんですよね。

誰とでも対等に自分のままでいられるって

素敵。

 

あとは一輝は謎が好きで

興味、関心があることで知らない事や

解決できない物事、人なんでも

徹底的に考えて調べるんです。

 

味方がいるホームがあると強い

おじいちゃん、家政婦の山田さん

講師の仕事に誘ってくれた教授。

一輝の魅力を大事にしてくれる人達がいる。

 

そして

好きなこと・没頭できる世界にいるから

じゃないかなぁって思います。

 

大好きな動物のことに夢中になってたら

大学講師になって仕事にできた。

楽しんでそれをみんなに話したくて

いつしか大人気の授業になった。

 

 

 

 

「こうじゃないといけない」って

悩んだり怒ったりしてるけど、

 

なんで?

それ本当にしたいことなの?

しないといけないことなの?

 

 

実にシンプル。

 

 

自分の願いをかなえ続ける

 

自分を大事にするってことは

自分の願いをかなえ続けることだなと

思いました。

 

自分が食べたいと思うものを食べること

休みたいときに休む時間を作って休むこと

したいことをするためにNOが言えること

聞きたい音楽を聴くこと

したくないことはしないこと

 

そんな積み重ねで

自分を大事にすることは

今自分を犠牲にして

周りの目を気にして

本当に必要じゃないことに

気持ちを疲弊させて

自分をいじめつづけているのは

やめたいなぁ。