kokoのあしあと

Life is carnival. 今日より明日、よりよくなっていたら良いのだ

物を減らして暮らし自体を整えたい3月

3月は卒業式。4月は入学式。

かもしれませんが、3月になると毎年浮かれます。

 

冬が終わった!春がくる!

 

と思う。

 

 

ミニマリストにあこがれる

 

ミニマリストって素敵です。

自分があって、それだけでかっこいい。

あれもこれもあるのに、俺はこれでいいんだ。といえるってかっこいい。

 

 

 

ミニマムは向いてないけど、シンプルライフは行ける気がする

 

 

私はYOUTUBEでライフスタイルや日常の暮らしのvlog動画を見るのが好き。

 

ミニマリストさんたちの動画は、海外でも日本でも、かっこいいと思う。

 

でも真似できないし、そんなに何もないと逆にソワソワしそうです。

やってから言えよ

 

 

 

でもシンプルな暮らしに整えるということなら、

こんな物欲まるけの私にもできる気がするんです。

 

 

f:id:happyfunnylovely:20200302160053j:image

 

 だから定期的に、持ち物と向き合って、処分します。

 

 

 

私なりのシンプルな暮らしを実現するために

 

 ①ものを減らす工夫

②ものを増やさない工夫

 

 

f:id:happyfunnylovely:20200302160110p:image

 

物を減らすという点では、ただ断捨離という流れをするだけじゃダメで

リバウンドするし、まだ買うんですよね。

結局減っても増えて、同じ感じ。意識的に無駄な買い物とか衝動買いは減ってるし

総合的に持ち物は減っているのですが。

 

少しずつカサが減ってきて、持ち物の全体像は把握できるようになったので

ここからどう減らすか・・・が長い間課題でした。

 

最近気になっているのが、モノの量を決める

ということ。

 

これなら、やみくもに減らすが目的にならないし、

減っても、なんかまた買ってる・・・(;'∀')みたいなことにならない。

 

スペースを決めて、ここに入るだけ。も良さそうですし、

数を決めちゃうでもいい。

 

だって一つ二つしか選択肢ないとかなると、緊張しますよね。

捨てたものに未練が残りそうで、決められる気がしない。

 

そういう性格だって知ってるから、ミニマムじゃなくてシンプル(笑)

そのほうが安心する。

 

 

 

トライしてみたいこと

 

一日一捨という挑戦をしている人をSNSで見かけました。

それにともなって捨てるものへの気持ち、なぜ捨てられなかったか?

捨ててどうか?などの記録もするという方法もあるそうです。

 

真似できそう。

 

毎日はできないので、週末に気になるところを確認し、手放すことなら

できる。

捨てたものを記録に残し、反省点など記録するのはできる!

 

 

衣替え時期ももうすぐなので、冬にたくさん着て、古くなっているものは

処分へ回せます。

冬は防寒対策でタイツや厚手の靴下、肌着はとにかくかさみますので、

それらの量を見直したい。

 

何気にきになっているのが、ぬいぐるみと、タオルハンカチ類。

めっちゃあるんですよ・・・。

 

まだ使えるけど、出番がないなぁ・・っていうものをどうするか?

ネットで検索してみたら、色々な形に変えるという解決法もありましたが、

寄付する。という方法もありました。

 

 

最後に・・・

私の親の世代は、もったいない。が口癖の世代。

物が豊かになりつつある世代ですので、モノがあることがありがたいと思うようです。

もらいものでも、使わないものでも、捨てるという選択肢は最後の最後。

 

物にあふれて、沢山の洋服や本やCDなどに囲まれていた過去でさえも

親に片づけろ。物が多い!と怒られたことはありませんでした。

 

現在、徐々に処分するときも、親からすると捨ててしまうことが不安なようです。

 

しかし、最近は見慣れ、自分も終活じゃないけど(笑)徐々に減らさないとと

動いてくれるようになりました。

 

そんな母に言われた言葉

物を買うときは、処分するときのことまで考えて買わないとね!

 

 

ドキっとした言葉でもあったのですが、買うときに考えることは

これ買ったらどうなるか?使えるか?ということばかりで

使い終えて処分するときのことまで考えていないことに気づきました。

 

増やさない工夫として、モノを迎え入れ、最後見送るときまで想定すれば

無駄遣いや、衝動買いは減らせる。

自分で取り扱えるものと、数を把握するのが当面の課題になりそうです。