彩り豊かに自分らしく

一つずつ自分のペースで目標達成を叶える日々を綴ります。

映画アイ・フィール プリティを見たよ!

 

お盆休みは間の数日、仕事があったので短くなったけど

特に予定も入れず、引きこもり。

 

dvdを借りてきた。

結構いいチョイス♪だと思ったので記録しておこう。

 

アイ・フィール プリティ

 

f:id:happyfunnylovely:20190818012616j:image

 

ぽっちゃりでさえない女子が主人公。(ありがちだけど)

憧れの企業で働いているんだけど、所属は通販部門。

せまい地下にある部屋で、へんなデブの同僚と働いてる。

 

ある日、事情があって憧れの本社に書類を届けにいって

受付で、社員で受付を募集してることを知る。

本社で働くことに憧れていたから、改めて部署に戻って応募しようとするけど

条件を満たす自身がなくて、一旦諦めるんだけど・・・

 

 

受付の仕事につくために、自信を持ちたい。自信を持てる容姿になりたいと

願っていたら、ハプニングで頭を強打して、目が覚めたら自分が理想的な自分になっている・・・

(映画の中ではずっと変わらず彼女です)

 

そうなったらもういきなり大興奮。

人生いきなり勢いに乗って、受付の仕事に応募しちゃう。

憧れの仕事だからこそ、熱意を買われてOK出ちゃう。

自分に自信がついたから、完璧に仕事をこなし、受付の仕事も順調。

 

調子にのりまくって、クリーニング店で男の人ナンパしちゃうわ

初デートも自分から電話した上、乗りではいったお店でビキニイベントにでちゃう

 

f:id:happyfunnylovely:20190818014004j:image

こんな感じで、ノリノリでダンスして、最初はドン引きされていたけど

最後はみんなを巻き込んじゃうくらいの勢い。

 

本社の皆様は、こんな感じw

f:id:happyfunnylovely:20190818014014j:image

 

綺麗でスレンダーでおしゃれな人が働く化粧品会社。

でも負けない。負けていない。

 

ナンパした男性と初デートにいって、彼は最初怖すぎて断れないと

彼女の勢いに圧倒されるばかりだったんだけど、自然と彼女が明るくて

自分に自信を持って何事も一生懸命で、ポジティブな価値観を持っていることに

憧れながら惹かれていく・・・

 

頭打ってから、魔法がかかったようにガラリと彼女は変わるんだよねぇ

どうなるの??って思ってみていたんだけど、彼女がどうであれ

確かにほかの本社の人たちと比較しても、明らかにどっか冴えないんだけど

 

彼女の本当の良さ、持ち味、センス、は本当にすごいもので

それを見抜いて雇った上司は、逆に大学も行っているけどアホにみられちゃうし

どっか堂々とできなくてもじもじしていたりして・・・自信が持てない。

だから彼女が堂々と意見できるし、知りたい情報をしっかり把握していて

仕事に抜かりがないので、頼りにする。

 

最後は、魔法が解ける時がきて、受け入れなくちゃいけないんだけど

本人は自分じゃなくなったと思って、今まで過ごしてきたから

最初だいぶテンパってたけど、何も変わっていなかったことにも気づいたし

トンガっていた時に舞い上がりすぎて、大事な友達と疎遠になってしまったけど

彼女はずっと彼女でいて、そのままの彼女でちゃんと評価されて、

ちゃんとそばにいてくれる人たちがいて、その大切さに気づく・・というね!

 

 

 

女性なら分かると思うんですけど・・・

例えば思い切り髪の毛を切ってイメチェンした時や、カラーをがらりと変えた時。

今までと違うテイストのお洋服を新調した時。少し高級なお店でお買い物をするとき。

百貨店でいいブランドのお店でタッチアップして、きれいにメイクしてもらったとき。

 

なんかいきなりいつもの自分じゃなくなったような気がしませんか?

 

映画ではそれがハプニングで頭強打したことだったりするんだけど

 

気の持ちようだなぁって思いましたです。

うまく言えないんだけど、自分に自信を持つことは、自分次第なのかなぁ。

自分は自分でいいと、心から信じることができると、何にでもなっていいと思える。

誰かがいうことなんて、どうせその誰かはあなたの人生を生きるわけじゃないんだから。

 

もっと自分はできる!努力している!そういう小さな積み重ねが自信を作るんだろうし。

毎日自分が心地いいと思う装いをすることだってそうなんだろうし。

 

それこそ、私なんぞは、毎朝起きて準備するときの基準は、

オフィスであんまり浮かず、少しでも着痩せして見える洋服を選び、

邪魔にならない程度に髪の毛をまとめる。アホ毛だけは防止するけど、他は特にしない。

メイクはただ流れるようにするだけ。

 

コスメいっぱい持ってるのに、気分でメイクするなんて休日のみ。

 

いつでもステキな自分でいることは、そんなにとくべつなことじゃないし

自信を持つこと、自分を好きでいるだけで、自分には出来る。頑張れる。と思える。

どんな自分も誇りを持つというのは、自分の心の中の問題ですよね。

自分のことを大好きでいるべきだなぁと思いました。

 

 

 

映画では主人公が魔法にかかってイケイケのときから、一転、

魔法が解けてしまったその後、彼女が一番自信をなくした相手がきっとナンパした彼

彼は彼女の全てをしっかり見て、ちゃんと愛してくれていました。

 

f:id:happyfunnylovely:20190818014025j:image

 

このシーンは二人が初めてキスをするとき。

この時の会話がとっても素敵です。

そしてこの公園ピクニック、憧れます。

 

 

自分に自信が持てないだけで、自分の良さを出せないのは損!

どんどん自分らしさを出していけばいいと思わせてくれた気持ちのいい映画でした。